-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-07-16 22:56 | カテゴリ:子育て日記
前回は夫joshに対する愚痴を長々と書いてしまった。

前回のブログを読んで下さったmapleがとても尊敬していてブログを拝見している
先輩バイリンガル育児ママさんからメッセージが届いた。
とても興味深く読ませていただいたし、ものすごく共感できることもあった。
借りにAさんとするのだけどAさん曰く、甘いと考えているのは自分が得られなかった
事に対してうらやましいと感じているから厳しい見方をしてしまうのでは?ということだった。

子どもは親を選ぶことはできないし、自分の置かれた環境でどうにか生きていく必要がある。
だから裕福な家庭に生まれようが、貧乏な家に生まれようが、それは本人のせいでは
全くないし、どうしようもないことだし、責めることもどうすることもできない。
ただ受け入れることしかできない。

mapleの実家はずっと貧しかったわけではない。
父の事業が90年代のバブル崩壊で上手くいかなくなるまでそれなりの生活をしていた。
数種類の犬を数十匹飼ってブリーダーをしていたこともあった。
大学進学について考える必要が出てきた頃に雲行きが怪しくなってきて断念せざるを得なく
なってきた。
高校生にもなると世の中の事が色々分かってくるもので、mapleは大学に行くのが難しいと
いうことを理解した頃から世の中の理不尽さ、どうあがいてもどうにもならないことがあること、
色々なことを知ったし悩んだし、悔しくて涙を流したこともあった。
良い時期があったから落ちていくことが本当に辛かった。

今までmapleが経験したいろいろな事があったからこそ今のmapleがあるのだし、今まで
人生の岐路で自分なりに判断して道を選んできたのだけどもし違う道を選んでいたら今の
mapleは無かったし、振り返ってみるとmapleの選択は間違っていなかったと思う。

Aさんの指摘どおりmapleは自分の好きな学校に進学して勉強できた人がとても羨ましい。
特に留学経験をお持ちの方に会うと、とても良い環境で育った方なんだな~なんて羨望。

羨ましいからこそ夫joshに対しては特に厳しい見方をしてしまう。
だけどそれは愛情があるからこそなのよね。
mapleは夫joshにもっとハングリーになって欲しい。
mapleが夫joshだったらもっと上を目指して勉強したり努力したりするのに、あまり向上心という
ものを持ち合わせていない夫joshに歯がゆくなることもある。
だけどそれが夫joshの持ち味というか良いところでもある。

生まれ育った場所も環境も全く違う二人だけど、夫joshとmapleは驚くほど考え方が似ていた。
話せば話すほど夫joshにどんどん惹かれていった。
夫joshは自分自身の考え方や意見を持っていて、他人にやすやすと流されることは無い。
(それが今はネックとなっているのだけど)
mapleも同じような感じなのだけど、不思議なことにmapleに足りない部分を夫joshが持ち合わせ
夫joshに足りない(と感じる)部分をmapleが持ち合わせていて上手いこと補い合ってるの。
自分の持ち合わせている凸凹が相手の凸凹とは逆で、重ねるときれいな四角になる感じ。

今は専業主婦で金銭的にほんの少し余裕のある生活をさせてくれる夫joshに感謝。
夫joshが疲れながらも仕事を頑張ってくれるからmapleもrinも生活ができている。
夫joshに出会い家族になる事ができて本当に良かったし、自分の男の人の見る目の良さを
褒めてあげたくなる。(のろけではないですよ~)
愚痴っている場合ではないとちょっと反省・・・

Aさんのメッセージは今のmapleにとって救いだった。
世の中どうあがいてもどうにもならないこともある。
どうにもならないことにくよくよするよりも、現実を受け入れて前進あるのみ。

ランキングに参加しています。良かったらプチッお願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
2009-07-16 00:15 | カテゴリ:子育て日記
夫joshと話していてmapleがいつも実感するのは

育った環境の違いというものは埋められない

ということ。(ちょっと長くなります)


mapleは4人兄弟の下でしかも双子という環境で育った。
両親は愛情をたっぷり注いでくれたけれど「教育」にはあまり熱心ではなかった。
戦後の田舎育ちで父親は中卒の母親は高卒。
20代前半にそろそろ結婚しないと世間体が悪いというのが主な理由で見合い結婚。
次々に子どもが生まれ生活を維持するのが精一杯。
親自身が教育熱心な親に育てられたわけではないので勉強は苦手な方だし
教育のというものをあまり重要だと思っていない(とmapleは感じるのだけど)。
裕福ではなかったし、他の人がしていないようないろいろな苦労もしてきた。

mapleと双子のカタワレminはというと、子どもの頃から4歳離れた姉にくっついていて
宿題をしている姉からいろいろなことを教わった。(真似していた?)
しかも双子だったのでお互いに対する競争心がものすごくあったし、勉強もスポーツも
何の苦労をしなくてもできる優等生タイプで目立っていた。
双子のカタワレminの旦那さんのKazu曰く
「minやmapleはガツガツしてる」らしい。
そりゃ4人兄弟の弱肉強食&産まれた時から常に比較されるライバルが隣にいる環境で
育ったからね~

夫joshはというと、比較的裕福な家庭で弟と二人兄弟で何の苦労もなく恵まれた生活を
送ってきた。
義父はその業界では有名な独占商品を扱っている会社を興し、ある意味成功した
人だと思う。(若いときはいろいろな苦労をした方でmaple達と同じ匂いがプンプン)
今は悠々自適の年金生活だし、自分の趣味に年間何百万も費やす(mapleの親の生活費
よりも多いくらい)生活をしているし、義母はそれなりの苦労はあるけれど自分の趣味に
忙しい恵まれた生活をしている。
義父が一生懸命働いて稼いだお金なので好きに使えば良いし、おこぼれにあずかろうなんて
全く思っていないけど。(面倒なことになりそうなのでゴメンです)

ある意味mapleとは全く正反対の環境で育ってきた夫joshは、mapleから言わせると
危機感が全くないというか平和ボケしているというか、向上心がないというか、恵まれた環境で
育ってきた人独特の世界がある(全員というわけではないですよ)。
一浪して大学に入ったのだけど受験にかかった費用がすごいし、せっかく大学に入ったのに
ほとんど大学には行かずパチンコやらバイトに励みなんとか大学を卒業したみたいだし。
就職活動も適当で受かった会社に入ったくらい。

mapleは金銭面で親に頼る事ができない環境だったので、高卒で銀行に就職して預金をし、
安い給料からやりくりをしてNOVAに通ったり、欲しいものを我慢して預金してワーホリという
形で海外生活をしたいという夢を実現した。

かたや夫joshはというと、カナダに3年間駐在員生活したのはあくまで仕事。
3年間に必要なお金といえば食費のみ。
$1,500の家賃のアパートメントに住み(もちろん光熱費や車、車の維持費は会社持ち)、
贅沢な生活をし、かなり預金もできた。

mapleから言わせて貰うと、夫joshは両親のお陰で何の苦労もしていないし、就職後も特に
問題もなく平々凡々順調に来ているので全体的に考え方が甘い。
時々世の中そんなに甘くないと突っ込みたくなるくらい。
rinに英語に関しては良く意見が食い違うのだけど、夫joshが良く言うことは

?本当にrinが英語を勉強したかったら留学すればよい
  ↑夫joshは留学に一体どれ位の費用がかかるのか知らないし、ポンとすぐに費用を
    捻出できるほどの高給取りでもない

?Nativeに教えてもらうのが一番良い(義父もよく言うけど)
  ↑週に1回Nativeと話しただけで英語は習得できない。Nativeの友達を作ったら良いと
    簡単に言うけど、簡単に出来るわけないしあくまでも自宅での日々の取り組みが重要

?英語にそんなにこだわらなくても良いのでは
  ↑これから国際化と少子高齢化がますます進む世の中で英語は必需品

mapleは金銭面での財産というものはなくなるものだけど、教育というものは
一生ものの親が残してあげられる財産だと思っている。
世の中高等教育が受けたくても、金銭的な理由で受けられなかったり苦学する人が
かなり多い。
教育を受けたいという願望があっても、環境で断念したりスローペースでしか前に
進めない人は本当に多いと思う。

mapleは自分自身が高等教育を受けたくても家庭の事情で断念せざるを得なかった
経験上教育というものに対する意識が夫joshとは全く違う。
夫josh以上に教育という面では少しでも良い環境をrinに与えてあげたい(特に英語に
関しては)という気持ちが強い。

だけど夫joshはそういった苦労をしたことがないし、当たり前だと思っているので
どうにかなるさ的な全体的に甘い考えを持っている。
ある意味おめでたい危機感の無さ過ぎる甘い考えに何も言えなくなるのだけど、
生まれ育った環境の違いというものはどうしても埋めることのできないものだと
実感してしまうし、最近はどうにもならないとあきらめの境地に達してるし。
これが結婚というものだし、これからどうやって夫婦が歩み寄って行くかということが
大切なのだなって実感してしまう。
特にrinが生まれてからこの生まれ育った環境の違いという高くて厚い壁を感じる
ことが多くなってきた。
どうしようもない部分なので、話し合いを重ねてどうにか折り合いをつけていくしか
ないんだろうな。

何だか愚痴っぽくなってしまいました・・・長々とスミマセン

ランキングに参加しています。良かったらプチッお願いします♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ