-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-13 18:58 | カテゴリ:子育て日記
今まで外で履けるrinの靴は1足しか持っていませんでした。
出産祝いにいただいたmikihouseの白いファーストシューズです。
が、散歩やら公園に遊びに行く事が増えてから白い靴ということも
ありどんどん汚れてはかせるのが恥ずかしくなってきました。
気になるたびに洗って使っているのですが、乾くまでは履けないし
そろそろ洗い替えが必要かと思いデパートに行く事に。
デパートだと色々なメーカーの靴が一度に見れて楽ですね。

いろいろ見た結果、mikihouseとDouble Bのどちらかにしようと
いうことになりました。(どちらも同じ会社なのですが)
Double Bは単純にかわいいので気持ちが揺らいだのですが、
mikihouseは種類が豊富だし機能的にこれは!という靴が見つかった
ので結局mikihouseの靴を。

↓購入したのはコレ!
mikihouse

スポーツメーカーのmizunoとmikihouseがコラボしたスニーカーです。
他の靴は中のインソールがまっ平らなのですが、この靴は

お医者さんと一緒に考えた発育インソール

が売りなのです。
足の指を使ってしっかり歩け、バランスの良い動きが出来、足の健康を
守って育てるという特徴が。
またインソールにも特徴があり、取り外して先の赤く塗りつぶした
部分に指が来たら買い替え時と、買い替え時が分かりやすいのです。

夫joshがその説明を聞くなり
「これにしよう!」と即決。
この靴を見つけるまでは「良く分からないから任せるよ」と言い放ち
いつもmapleまかせだったり値段(安さが決め手)で選ぶのですが、
今回は珍しく夫joshが即決しました。
夫joshいわく「この靴のように利点が分かりやすい商品でrinのために
なるものは即決するし値段は惜しまない」のだそう。

お店の人にいろいろお話を聞いたのですが、ファーストシューズの
次は靴底が少し固めのセカンドシューズというものがあるのでそちらを
勧めているそう。
ですが、この靴はセカンドシューズではなく普通のスニーカー。
普通の靴になるので靴底がファーストシューズやセカンドシューズの
ように柔らかくないそうで、実際の違いを見ると本当に固く感じました。
が試着させたrinの様子を見ていると歩き方など問題はなさそうという
ことでこの靴を購入することに。
今は13.5センチの靴を履いていますが計測してもらったらrinの
足は13.2センチ。今回は14センチの靴を。
まだ少し大き目なのでちょうど良くなるまでなるべく長い距離は
歩かせない方が良いとアドバイスをもらいました。

靴って体の土台となるものなのでmapleも夫joshも安さでは選びません。
靴にはお金をかけるタイプ。
足って本当に大切なのでこれからもこの靴をリピートしていこうと
思ってます。

今まで知らなかったのですがある程度成長するまで子供の足のサイズ
って3~4カ月に約5ミリ大きくなるんですね><
ということは年に3,4回買い換える必要があるし洗い替えも必要。
単純計算すると1足約5,000円×2足×4回=40,000円。
金額で考えても子供の成長ってすごいんだな~なんて実感中です。
さすがにこの靴だけだと飽きてきそうなので、足に良い他メーカーの
靴も探していこうかな。
次はシューフィッターさんのいるデパートに行こうと思います。
スポンサーサイト