-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-18 18:43 | カテゴリ:1歳児の体験レッスンレポート
mapleは音楽についてはド素人なので偉そうなことは言えない
のですが、カワイとヤマハの1歳児向けコースの体験レッスンに
参加しての素人比較をしてみようと思います。

一番の違いはレッスンの時の音楽が生のピアノ演奏かCDの
かけ流しかということだと思います。
レッスンを担当する先生の人数も関係しますが。
カワイのレッスンでは、ピアノを弾く先生とレッスンを進行する
先生の二人でレッスンが行われます。
カワイの体験レッスンの時、カワイの方が
「ヤマハさんのレッスンは音源がCDです。カワイはピアノを
 使うので音の響きとかすごく感じる事ができるので違います」
とおっしゃってましたがその通りでした。
ヤマハでは担当の先生は一人ですべてこなし、最初にピアノを
弾いてくれるけど後はCDを使ってます。
ピアノのみというよりもバックミュージックにCDをかけてそれに
あわせてピアノを弾くという感じです。

レッスンという面から言うと、カワイはリトミックの要素が
強いなと感じたのですが、ヤマハは音楽やリズム、響きを楽しむ
といった感じです。
カワイでは、音に合わせて体の部分を叩いたりタンバリンを
使ったり音に合わせて行進したりとレッスン中子供自身が
音に合わせて体を動かすという部分がヤマハよりも多いです。
ヤマハはカワイと比べるとリトミック的な要素は少ないです。
道具を使って静と動の動きをつかんだり、音楽に合わせて
体を動かしたりと音を楽しむということに重点が置かれて
いるレッスン構成になってました。

やっぱり気になるのはお金のこと、ずばり初期費用と月謝。

<カワイ クーちゃんランド>
レッスン方式:グループレッスン
レッスン期間:1年間
レッスン回数:36回(月3回)
レッスン時間:40分
担当講師:2名
入学金:5,250円
授業料:5,250円(1回あたり1,750円)
設備維持費:1,420円
教材費:6,500円(前期)→クーちゃんのぬいぐるみや絵本
                   CDなど
年4回機関紙発行:300円
月謝は6,670円(授業料+設備維持費)
入会時必要経費:入会金+月謝+管理費+教材費+機関紙1回分
         =18,720円

<ヤマハ おとのおもちゃばこ>
レッスン方式:グループレッスン
レッスン期間:半年
レッスン回数:月2回
レッスン時間:40分
担当講師:1人
入会金:5,250円
授業料:3,150円(1回あたり1,575円)
施設維持費:525円
教材:3,886円(CD付絵本、出席シール関係、名札シール、
             たまご型マラカス)半年分
月謝は3,675円(授業料+施設維持費)
入会時必要経費:参加費+教材費+入会金=12,811円

レッスン期間がカワイは1年、ヤマハは半年です。
最初の入会を逃すとカワイは入って行きにくいかな?なんて
個人的に思ってしまいました。レッスンが続くと子供よりも
親同士が仲良くなっていくので、その親の中に入って行くのは
ストレスに感じる人もいると思います(mapleは気になりません)。
その点ヤマハは次の入会シーズンが10月なので、少し待つ
ことも可能かと。
今年の9月でrinは2歳なのですが、希望すればヤマハでは次の
「赤りんごコース」に入ることもできるそうです。
そういうフレキシブルさもヤマハの魅力かも。

カワイは設備維持費が高めかな~なんて思いました。
maple最寄りの教室を単純に比較すると、カワイはちょっと
古めのビルの1室利用。
ヤマハは東京メトロ駅前の立地の良いビルの1フロアの半分を
利用。
他の教室を見ていないので何とも言えませんが、単純に
mapleが検討している教室での比較なので一概には言えません。
毎月の事なので数百円でも年に換算すると塵も積もって
差額895円×12カ月=10,740円の差が。
月謝は先生の数や内容の違いを考えると単純に比較できません。

2つの体験レッスンに参加して思ったのは、
楽器の響き重視で体を動かすのが好きなお子さんはリトミック
中心のカワイ、音楽を楽しんでリズムなどに親しんで行きたい
ならヤマハかなということ。
月謝の事や、将来どうしていきたいか(ピアノなど楽器を
習わせたいとか)、先生や教室との相性も見ながら検討して
行かないといけないなと思いました。

mapleは将来的にrinにバイオリンを習ってほしいな~と思って
いるのでその点についても相談してみたところ、
カワイでは「カワイではバイオリンも習わせることができる」
ということだけでした。
ヤマハでも同じ質問をしましたが、ヤマハでは「バイオリンを
習わせるにしても、まずは「ド」は「ド」という音感を身につける
必要があります。
バイオリンは自分で音を作っていかないといけないので、まず
エレクトーンなどで音の基礎を作ってバイオリンに進むほうが
子供にとってもスムーズです。」といったアドバイスを。
こういったアドバイス一つをとっても、将来的にどうしていき
たいのか明確なビジョンを持っている場合はどの教室を選ぶか
というのは重要だなと思います。
maple的には今はカワイで将来はヤマハとその時求めている
ものに応じて教室を変えるというよりも、一つの教室を続けて
行く方が合理的かななんて思ってるので、ずっと付き合っていく
つもりで教室を選びたいと思います。

似ているようで少し違うのでもう少し冷静に考えてみようかな
なんて、このブログを書きつつ悩んでます。
スポンサーサイト