-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-24 17:59 | カテゴリ:子育て日記
先日体験レッスンに参加した右脳教育の七田チャイルドアカデミー、
代表講師の方のお話のなかで

良い絵本の選び方

というものがあったので紹介したいと思います。

講師の方は絵本をたくさん読むようにとおっしゃってました。
絵本が優れている理由として、お話を絵本というアナログの方法で
楽しむことによって想像力が養われる=イメージする力がつくと
いうことです。
映像はコマ送りでひとつのシーンから次のシーンにすぐに移って
しまうけれど、絵本は前の絵から次の絵に移る時に空白ができ
ページをめくる間に何が起こるんだろうと子供が自分で想像する
ことができるので、ページをめくるという動作の間に想像力を
働かせ想像力が養われるということでした。

想像力=映像化力・イメージ化力が養われると右脳の次の段階の
思考力=論理性を養う基礎となるそうです。
最近の小学校・中学校受験では、想像力や思考力の必要な問題が
出題される傾向がとても強くなってきているそう。
七田でのレッスンはそういった想像力や思考力の基礎を養う為の
カリキュラムが中心というのが魅力です。

DVDなどの映像物は長くても30分まで、映像よりもCDなどの
音源や絵本や本を利用して想像力を養うことを勧めてました。
最近rinのDWEのインプットを映像からCDなどの音源メインに
変更したのですが確かな手ごたえを感じているので、この点は
とても参考になりました。

本題に戻りますが、良い絵本の選び方として

1:見開き1ページのイラスト
  
2:リズミカルで反復のあるもの

3:30秒で読み切れるもの


とアドバイスされました。
特に1,2歳児向けだったのですが、イラストが見開き1ページに
なっていることでパッと視界にイラストが入ってくるので集中
できること、リズミカルだとインプットされやすい、子供の
集中力は短いので30秒で読み切れるものが良い、ということ
でした。

20年近く幼児教育に携わってこられた方のお話だったのでとても
参考になる部分が多かったです。
教室に通う通わないは別として、自分の子育てに役立ちそうな情報は
とても貴重なので参考にしようと思います。
スポンサーサイト