-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-03-31 18:34 | カテゴリ:幼児教育
以前七田チャイルドアカデミーの体験レッスンに参加したmapleとrin。
その時の様子は → こちら
通室は考えていないものの、気になる教材がチョコチョコあったので
ホームページなどのぞいていると通信販売のカタログを無料で送って
くれるとあったので申し込みました。

数日後カタログだけでなく、七田式の根幹に関わる理念などが書かれた
小冊子なども同封された資料が届いたので興味深く読みました。
カタログ等と一緒に子供の発達状態を診断してくれる無料のチェック
リストが同封されてたんです。
チェックリストといっても、約20項目の質問があり(4ピースのパズルが
できるかとか、1から10の数字が理解できているかなど)、その質問に
はい、いいえで答えるというもの。
1歳児で数字の概念が理解できてる子がいるの?なんて少々一人ツッコミ
入れつつ、チェックが付く項目と全く付かない項目が気になったものの、
現状を正直にチェックして返送。
なんせ無料というのに惹かれてしまいました(笑)
mapleに送られてきたのは「1歳の発達状況」ということで、6歳まで
年齢に応じて送られてくるようです。
興味のある方資料請求してみて下さい → こちら

約2週間後、発達結果が返送されてきました。

理解→6
言語→2
手先→6
文字・数→3
身体→5
生活・躾→4
総合評価→全体的にバランスが良く標準の発達
(0~6段階評価)

rinは理解・手先・身体面で良い発達が見られるものの、文字・数・言語の
項目はこれからがんばりましょう!ごいう結果でした。
発語が少ないとか、今の悩みと結果が当たってる!?

発達状況を踏まえておススメの教材と楽しい働きかけの工夫が書かれた
「あなただけのぴったり取組プラン」と、
バランスの良い発達を目指すために子供にぴったりの教材情報の
リーフレットが同封されてます。

rinにはできるだけの事をしてあげたいな~と思っています。
七田式の考え方すべてに共感できるわけではないし、怪しいな~なんて
感じる取組もあるのですべてを取り入れるつもりはありません。
(暗示法とかESPとかちょっね・・・)

この七田の発達チェックが全てではないのは重々承知です。
何が標準かなんて基準は人それぞれだし、標準と比べてどうこういうのは
無意味なのは分かってますよ。
が、カタログを見ているうちに取り組んでみたいなという教材がちらほら
あったのでその中から今実践すると効果がありそうな教材を数点注文。
丁寧に使いつつ実践してみてダメそうだったらオークションで処分できるし。
(オークションでは結構高値で取引されてるようです)

届いたら内容や取組状況を紹介していきます。
スポンサーサイト
2010-03-30 18:49 | カテゴリ:ママ英語 チルドレン大学
以前から気になっていた

チルドレン大学

受講開始しました!

ずっと以前から気になって受講は決心していたものの、なかなか受講する
タイミングをつかむことができませんでした。
が、春のキャンペーンがあるということだったので、いつもブログを拝見
しているRuuさんを通して入学する事に。

無事入学手続きが完了しました。

子供に人生の選択肢を与えるために自分の子供たちを一生懸命教育している、
といった代表のランディー由紀子さんの考えにmapleが共感できる部分が多々
あったのでキャンペーンを機に申し込んでしまいました。

mapleは自分の子育てに全く自信がないし、手さぐり状態。
暗中模索といっても過言ではありません。
すがれるものにはすがりたい、これがmapleの正直な思い。
rinの一生を左右しかねないので、少しでも頼れるもの、道筋を照らして
くれるものが欲しい。

すべてを実行することは難しいかもしれませんが、少しずつ実践して
これからの子育てに生かしていこうと思います。

参考になったこと、実践したこと、気になった事などブログにUPして
いきますね!
2010-03-29 18:23 | カテゴリ:子育て日記
松山帰省中に中学生の時の同級生misaと会ってrinと同学年になる
yuiちゃんを含め遊んだのですが、比較しても意味は無いと分かって
いてもついついyuiちゃんとrinを比較してしまったmaple。
yuiちゃんはとても好奇心旺盛で物おじせず、言葉も早くてABCの歌
なんて半分くらい歌えてそうなほど。
3か月ほどyuiちゃんの方がお姉ちゃんとはいえ、どう考えても
3ヶ月後rinが同じ事を出来るかと言われれば無理。

そんな事を話していたときに、minが子育てのセミナーに参加した
時に言われた事を話してくれました。

「二人目以降の子供は、上の子という見本があるから出来る子が
 多いのは当たり前。
 一人目や一人っ子は、ママも初めての子育てで試行錯誤しながら
 育児をしているしお手本がいない。
 だから産まれた時点で一人っ子や第一子は、第二子以降の子供に
 比べて不利。
 他の子と比較してしまうかもしれないけれど、産まれた時点で
 スタートが違ってるんだから一人っ子や第一子を第二子以降の
 子供と比較するのは無意味だ」

ということなんです。

maple自身の事を考えると、mapleにはお兄ちゃんとお姉ちゃんがいて
小さい頃からたくさん世話してもらったし遊んでもらいました。
文字を書けるようになったのも、お姉ちゃんが宿題をしているのを
真似していたり学校ごっこをしながら教えてもらったから。
お兄ちゃんやお姉ちゃんの成長を見ることで、必然的にこういう時は
こうしたら良いんだ、といった知恵が付いてました。
しかも双子だったのでお互いライバル心メラメラ。
お兄ちゃんやお姉ちゃん、minが居たからこそから学んだ事がたくさん
あるし今のmapleが居ると言っても過言ではありません。

ですが一人っ子や第一子というのはそういう環境がない。
スタート時点で違っているのだからそもそも比較する事や焦る必要は
全くない、というアドバイスをもらって納得&スッキリしました。
確かにお兄ちゃんは要領が悪かったりしますが、優しさや責任感は
maple達よりもはるかに持ち合わせてます。

基本的に子供を比較すべきではありませんが、心のどこかでやっぱり
他のお子さんの成長は気になるもの。
ですが、長所や才能を認めて、よその子と比較せず個性を生かせる
ように努力し、成績ではなく過程重視で出来る範囲のことを親として
頑張っていこうと思います。