-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-03-22 18:59 | カテゴリ:子育て日記
以前rinの絵本を最近買っていないということを書きましたが、
双子のカタワレminやmapleの母親と話をしていてやはり日本語の絵本を
もう少し導入した方が良いのでは、という気持ちが強くなりました。
なので、色々調べた結果

絵本の定期購読ができる5つのサービスを比較してみました

というサイトをメインに検索をして

絵本クラブ

という、年齢別に厳選した絵本を毎月定期的に送ってくれる定期購読
サービスに申し込みました。

絵本の定期購読サービスは調べるとたくさんあったのですが、mapleの
決め手となったのは

①持っている絵本があれば代替商品に交換できる
②送料が1,575円以上だと無料
③クレジットカードで毎月払いができる
④子供に読んだ年齢やレビューなどがUPされている


という点でした。

途中退会などのリスクも考えると、一括払いよりも毎月送ってもらった
本にだけ請求が発生する都度払い、マイレージを貯めているので
クレジットカードで決済できるので安心&楽チン。

この絵本クラブでは基本的に配達される本が決まっています。
が、持っている絵本とかぶる時は代替商品と変更することができるし、
基本のプランに追加(単月でも可)することも削除することもできます。

mapleの場合は、洋書絵本で持っている絵本が数冊あったのでその絵本は
削除して代わりに日本の絵本を追加しました。
洋書の絵本は英語のリズムやライミングを楽しめるので、あえて日本語で
読みたいとは正直思いません。
それに洋書では楽しいのに日本語になるとう~んと思う絵本もあるし。
何だかリズムが違うというか、英語ではすんなり読めるのに日本語になると
ひっかかりを感じたり。
なので洋書を日本語に翻訳した絵本は削除して、日本人が作者の絵本を
選びました。
1,575円未満だと送料が発生してしまうので、代替商品を選ぶ時は
金額も少々気にしつつ(苦笑)

この絵本クラブには

パパ向け年齢別コース

というのもあるんです。
小学生未満のお子様をお持ちのパパを対象にしたコースで、パパが読むと
より楽しさが増す絵本をセレクトしているそうです。
1-2歳児向けコースの内容を見てみたのですが、内容は通常の年齢別と
代替商品+αがミックスされた感じでした。
こちらもすごく魅力的かも。

1-2歳向けの基本的なコースは、毎月2~3冊届き一番安い月は2冊で
1,890円、一番高い月は3冊で2,625円です。
絵本は基本的に本屋さんと同じ値段。

当分日本語絵本で頭を悩ませることもなさそうです。
が、届く絵本は把握しつつ本屋さんでの絵本チェックも忘れないようにして
いくつもり。
届いたら紹介していこうと思います。
スポンサーサイト