-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-04-22 17:54 | カテゴリ:子育て日記
今日は近所の保健センターで行われる1歳半検診へ行きました。
待ち時間を少なくしたかったので受付開始40分前に着いたら
2番目。
rinはちょうどお昼寝の時間と重なってしまい、保健センターに
着くなり爆睡を始めちゃいました。

歯科相談→問診の間は寝てしまっていたので、実際に親が歯磨きを
している様子をチェックしてもらう事と積み木や指さしなどの発達
チェックはできませんでした。
歯科検診の時に診察台に寝かせると号泣して起きましたが何とか
すべての検診が終了。

今回の1歳半検診では、言葉の面を相談しようと最初から決めて
いました。
rinが寝て検診が始まるまでベンチに座って同じ月齢位のお子さんを
観察していたのですが、みんながみんなすごく言葉が出ているな~
なんて少々焦りを感じたmaple。ママとか普通に言ってるし。

最初に栄養士さんと保健師さんによる話や説明があったのですが
希望者には別に心理相談を受ける事ができるとあったので、保健師
さんとの問診以外にrinの言葉について専門家に相談する事に。
心理相談についてはプライバシーに配慮して別室で行われました。

英語をしている事、英単語やアルファベットは出てきているけれど
ママだったりまんまだったりま行の言葉や日本語が出ていないのは
何か問題があるのか、ママという言葉を言わないのは大丈夫なのか、
その他気になっている事を相談しました。

mapleが一番気にしていた「ママ」と呼んでくれない事。
mapleが怒ってばかりなので意地になって「ママ」って呼ばない
なんて何かrinの中に心理的な要因が働いているのかなと心配で。
心理カウンセラーの先生曰く、まだ1歳児はそんな器用ではない、
ママというのは自分といつも一緒にいる一心同体的な存在なので
あえて言わなくても分かってるでしょ的に言わない子が多々いる事、
他の言葉が出ているので問題視する必要は無いということで一安心。

まんま(ご飯)に関しても、mapleがなるべく幼児語は使わないように
していることを話すと単に「まんま」という言葉を知らないので出て
こない、気にする必要は無いということでした。

言葉に関する事や、mapleの日常生活でのrinの関わり方など気に
なっていること思いつくままに話すとすべてにとても参考になる的確な
アドバイスをもらうことができたので相談して本当に良かったです。

心理相談の間rinは起きていたので、問診ではできなかった積み木や
指さしをさりげなくチェックしてくれました。
積み木の場面でrinがどうやら2歳児以上がするような遊び方をしたり、
指さしでは「お茶碗は?」というようなダイレクトな質問ではなく
「ご飯を入れるものはどれ?」といった婉曲的な質問にrinがきちんと
答えたので知能面での発達がとても良いと褒めてくれました。
ママ友さんが少なく同じ月齢位のお友達と遊ぶ事がなく比較の対象が
ない状態なので普通だと思っていたのでちょっと嬉しかったです。

今回の1歳半検診では特に異常もなく元気で発達も順調とのこと。
育児に自信をなくしていた時期でもあったのですごく安心したし
これからまたrinと一緒にがんばって成長しようと思えた検診。
次回は3歳児検診です。そんな日が来るのかな。

スポンサーサイト