-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-08-25 09:15 | カテゴリ:英語子育て
ジャンル:育児 テーマ:英語de子育て
rinが生後5ヶ月くらいのときから、先輩バイリンガル育児を実践しているママさんたちの
ブログを参考に見よう見まねでかけ流しや絵本を中心にバイリンガル育児に取り組んできた。

rinはまだ1歳になっていないので英語はおろか日本語すら全くしゃべることはない。
今はインプットの時期だと分かっていても、rinに反応を期待してしまう自分がどこかにある。
打てば響くということがないので本当にこのまま続けていても大丈夫なのか不安だったので
SUNNY BUNNYさんのママレッスンの際にAidesさんに不安というか疑問をぶつけてみた。

そのなかで、まず聞かれたのが、rinが日本語を理解しているか?ということ。
お風呂に入るとかダメとかある種の言葉には反応しているので理解しているのかもと答えると、
「日本語を理解しているというより、その言葉が発せられる時の状況や雰囲気でそう言っていると
 なんとなく分かっているのだと思う。まずは言葉を理解することが出来るようになることが
 重要だと思う。」
とAidesさんの返答。

そんなこと考えたことも無かったので目から鱗だったし、ハッとさせられた。
言語について勉強されてきたAidesさんの言葉は説得力がある。
分かると理解するということは似ているようで全く違う。
そうなんだよな~、住んでいるのは日本だし、両親は日本人。
母国語である日本語を理解できるようになるのがまず先。
英語を心配するのはその次。
英語の取り組みについて真剣に相談できる機会がなかったので、直接疑問をぶつけることが
できるこういう場所って本当にありがたい。

親の気持ちだけが先走ってしまうとどうしても子どもに過度に期待してしまうし、親の理想と
現実のギャップにヤキモキしたり怒ったり、挙句の果てに他の子と比べてしまうと子どもは
たまったものではない。

英語の心配をするよりまずは日本語を理解できるようになることが先決。
英語のかけ流しなどの取り組みは絶対に無駄にはならない。
これからも英語の取り組みは続けていくけれど、あせらずのんびりマイペースで続けていこう。
バイリンガル育児の本来の目的が本末転倒にならないように気をつけなければ。
rin&mapleの日々の英語の取り組みはある意味趣味の一つかも。

mapleは英語を分かっているつもりになることがたまにあるのだけど(すごい勘違い・・・)、
英語力が全く伸びないのは本当に理解ができていないからなんだろうな。
英語を理解する勉強方法に早く取り組まなければ><

ランキングに参加しています。良かったらプチッお願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://1oyakodeeigo.blog73.fc2.com/tb.php/243-b2ced5cc