-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-09-28 18:48 | カテゴリ:英語子育て
ジャンル:育児 テーマ:英語de子育て
夫joshと話していたのだけど、英語を育児に取り入れていく上で一番厄介なのは
親が中途半端に英語を話せることなのかなとつくづく思う。

留学などを経験してNativeなみに英語を流暢に扱うことの出来る人は正直あまり
高い教材に走ることなく、自分が英語を日常的に使ったり工夫することで子どもも
英語に自然に接する事ができる。
あと自分がある程度の年齢で英語を習得できたので、そんなにバイリンガル育児に
積極的でない人もいるかと思う。

逆に全く英語が出来ないとか、英語アレルギーがあるのでせめて子どもにはという
親はDWEのフルセットをいきなり購入とか大胆な行動が取れるのかもしれない。

夫joshやmapleのように英語が中途半端にできると言う人は一番厄介なのかもしれ
ない。
というのも、夫joshがそうだったのだけど自分が大きくなってからでもそれなりに
努力し仕事ができるくらい英語力を身に付ける事ができたので、そんなに高い教材を
子どもの頃から使うことに疑問を感じてしまう。
もしくはmapleのように、自分が英語力をUPさせるために英語のCDを聞いたりDVDや
テレビを見るときに一緒に耳に入って英語の素地を作る事ができるのではなんていう
一石二鳥を狙ってしまったり、自分でどうにかできるのかもと思ってしまう。
あと自分の英語力が中途半端すぎて、英語絵本の読み聞かせや英語で語りかける
というのがためらわれてしまったり。

何が正解かというのは分からないし答えは無いのだと思う。
子どもの性格というのもあるしそれぞれの考え方があるし。

両親の英語力が中途半端だったということが、DWEの教材を購入することをためらわ
せてしまったということがmaple家には言えてしまうのようね・・・
DWEは特にセットで揃えようとするとあっという間に何十万と必要になる。
mapleはその値段に圧倒されてセット教材というものにどちらかというと否定的だった。
だけど、実際に使ってみると、お値段がお値段だけあって良い教材なのよね。
長年親がフル活用できるできないに関わらずユーザーが多い理由が良く分かる。
要は親が継続できるかできないか、それが子どもをバイリンガルにできるかできない
かの分かれ道なのかな。
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://1oyakodeeigo.blog73.fc2.com/tb.php/298-027db5b3