-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-11 18:08 | カテゴリ:DWE
ジャンル:育児 テーマ:バイリンガル子育て
日曜日にDWEのファーストステップが新宿ショールーム4Fで開催された
ので、終了後3Fにあるショールームを覘いて帰りました。
3Fが教材が置かれていたりブースになっているDWEに興味のある方が
行くショールーム、4FはDWEの教材を持っている子対象の英会話の
スクールやイベントを行う広いお部屋という構造。

持っていない教材を見たかったのと、スタッフの方にいろいろとお話を
聞いてみたかったので、クリスピークリームドーナツが気になりつつ
3人でお話をお伺いすることに。

mapleが悩んでいたのはトークアロングカード(TAC)の使い方。
というのも、カードを機械が読み込む前にrinが引き抜いてしまったり
カードのBOXをひっくり返したり撒き散らしたりと大変なことになって
しまう。
ストレスになってしまって手の届かないところに置いているのだけど
TACは耳を作るのにとても良い教材なのでこのままではいけないと
悩んでいた。

現状を相談すると言われたのが、

・DWEは教材だけどおもちゃとして与えて好きにさせる
・親としては本来の使い方をさせたいけれど、すぐに理解できないので
 お勉強にしない
・箱ごと渡すのではなく、1週間分(1日3枚として×7日=約20枚)を
 100均などで売っているチャックの付いたケースに入れて渡して
 好きにさせる(使えなくなったら交換!)
・親が楽しんで使っている場面を見せて興味を持たせる&本来の
 使い方を子ども自身に認識させる

こういうアドバイスをいただいた。

そのまま与えるのは簡単だけど、子どもが興味を持つように親が工夫
しないといけないな~と反省><
お値段がお値段な教材なので丁寧に使って欲しいというのが本音なの
だけど子どもにはそんなこと関係ない。
なので、これからは好きにさせようと思う。
ダメになれば交換してもらったらいいのだから。
100均で早速ケースを購入して実践開始!

ユーザーが利用できるホットラインやこういったショールームで、実際に
ユーザーの方のお話を聞いて参考にしていきたいな。
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://1oyakodeeigo.blog73.fc2.com/tb.php/347-7fd231ce