-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-25 18:44 | カテゴリ:DWE
最近のテレフォンイングリッシュは順番関係なくレッスンをリクエストしてます。

今回の先生はBonnie先生で、Lesson50:Feeling Sickをお願いしました。
Lesson50はReading Onlyのレッスンです。
まずはBonnie先生が全部読みmapleが読む、その後Bonnie先生が1行読み
mapleが後に続くという感じ。
"thermometer"(体温計)のアクセントが間違っていたので直してもらいました。
moにアクセントが来るそうです。

質問は無いか?と聞かれたので、基本的なことだけど気になっていたことを
まず聞いてみました。
willを省略している時(’ll)に、mapleは言い易いのであえてwillと省略しないで
読むようにしているのだけど良いのか?やはり略して’llと言った方が良いのか
確認してみました。
Bonnie先生曰く省略したままでもwillと言い直してもどちらでも良いとのこと。

あと、rinはまだ鼻がかめないのだけど
「鼻をかむ」というのは英語でどのように表現したらよいのか聞いてみました。
事前に電子辞書で調べたものの出てこなかったので。
Bonnie先生曰く、日本語の「鼻をかむ」を直接表現する英語はないということ。
子どもに対して「鼻をかもうね」ということを表現したいのであれば
"Let's blow your nose, then mommy will wipe your runny nose."
というように、鼻水を出す→鼻を拭くと表現を分けると良いということだったので
早速鼻水が出ているrinに使ってみようと思います。

最後にrinはまだ自分で鼻水がかめずmapleが号泣するrinを押さえ込んで
鼻水吸引機で鼻水を吸っているのだけど、鼻水吸引機という英語があるのか
聞いてみました。
mapleの拙い英語力で表現するのに苦労したけど、
”I push the tube into my daughter's nose,and スー”などなど鼻水吸引機の
使い方やら擬音やら駆使しつつ何とか理解してもらう事ができました。
アメリカにもあるようですが、その単語をど忘れして出てこない、というので
ネットで後から調べることにしたのですがヒットせず><
いまだに分かりません。
知らなくて困る単語でもないので、いつの日か分かれば良いかな~

今回は少々長くて12分26秒。
楽しくて有意義なレッスンでした。
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://1oyakodeeigo.blog73.fc2.com/tb.php/362-4dc7fdfc