-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-22 19:04 | カテゴリ:1歳児の体験レッスンレポート
今日は右脳教育で有名な

七田チャイルドアカデミー

の体験レッスンに参加しました。

体験レッスンといっても無料ではなくmapleが参加した教室では
1,000円必要でしたが。

まず受付をして資料と名札シールをもらいました。
待合室には子供用の知育玩具が置かれていて受付中にrinは
おもちゃで遊んでました。

体験レッスンに参加する子供がそろったので教室へ移動。
1歳児2組、2歳児3組、3歳児1組、そのうち女の子5組、
男の子1組という構成です。

最初は全員一緒に椅子に座ってフラッシュカードを。
高速で講師の方がカードを読み上げながらめくっていくのを
みんな釘付けで見ていました。
rinは最初は椅子に座って見てたのですが、遊んでいる時に
夢中になってしまったコインを離さずカードの途中もコインに
気が向いてしまって集中したりしなかったり。
rinと同じ1歳4カ月の男の子とrinは最後まで集中できず><
2歳、3歳の子達は集中してみてたので年齢も関係あるかも。

その後1歳児と2、3歳児に分かれて別々に教材へ。
具体物教材と呼ばれる手先を使う教材を使いました。
まずは正方形の箱に一か所穴が空いていてそこに円柱の積み木
10個入れていく、全部終わったら一個ずつ出していくという
教材でした。
rinはすぐ夢中になって次の教材に移るため終わらせると半泣きに。

次は3つの色と大きさが違うスポイトと吸盤が一体化したものを
それぞれの色のところに貼り付けるというもの。
台紙に張り付けるにはスポイト状の吸盤を力を入れて押さないと
いけないのですが、rinにはまだ難しかったみたいで。
結局各色のところに置いたり、mapleが吸盤を貼り付けたのを
外すというので終わりました。
上手く力を加えるというのはまだまだ難しいみたいです。

次は4つの歯車を土台にはめ込んで最後に歯車を回すという教材。
直径5センチくらいの歯車(真中に穴があいていて、土台の
突起に入れる必要あり)を土台の突起にはめ込み、全部はめこみ
つまみを回して全体を回すのですが、rinはなかなか土台の突起に
歯車の真ん中の穴を差し込むというのはできませんでした。
結局mapleが完成させrinがグルグルつまみを回して終わり。

最後は色々な素材を使った布絵本を。

アドバイスされたことは、それぞれの行動をする時に
これは赤色だね~とかこの穴に突起を差し込もうね~とか、
具体的に説明するということです。
自分ではしているつもりだったのですが、できることでも声に
出して言う事で体験をインプットできるということなので
実践しようと思いました。

ここで体験は終了で、その後は子供は遊ばせ親は教室の代表の
講師の方の説明が。
各教室に特徴があるみたいで、行った教室の代表の方の考え方に
大きく左右されるかもというのが率直な感想です。
代表講師の方の考え方や右脳教室とは何ぞや、こういった方法を
取り入れているとか、以前七田に通っている子供が出演した
テレビを放映といった感じで説明が続きました。
どのようにインプットされていくか、とか良い絵本の選び方など
子育てに実際に役立つ情報を入手できることができました。

実際の体験は20分ほどだったのに、この講師の方の説明が
1時間以上続き正直早く終わらないかな~なんて。
mapleは実際のレッスンや教材の反応を重視しているのですが、
1,000円払ったのに子供の反応を見れる時間が短く、代表
講師の方の話を聞きに行ったみたいでなんだかな~なんて
ちょっとモヤモヤしちゃいました。

確かにフラッシュカードをしている時にrinが集中してましたが
1歳児に名画を見せたり時代をインプットさせるのに何の意味が
あるのだろうと正直疑問が。
将来的に簡単に覚えられたり、体験を通して記憶力や想像力を
養う事ができたりとメリットはあるかと思います。
具体物教材には大変興味を引かれましたが、これなら家で工夫
すればいろいろ実践できるかななんて。
行った教室では0~3歳児には600、4~6歳児には400、
7~9歳児には300の教材が用意されているというのは、
家ではできないことなのですごいし自宅で実践すれば様々な
能力を身につける事ができるかなと思います。

七田は受験のためというよりも、学校を卒業したあとの社会性や
自己実現力を身につけるための教室というのはすごく魅力です。
mapleの目指すところは、良い学校に入るというよりも、社会に
出た時に自分が望んだ人生を選ぶ事ができ後悔のない生き方を
自分の力で実現できる人間になって欲しいということ。
その点では非常に魅力的なんです。

が、代表講師の方のお話を聞いていると、自分の教室や自分の
開発した教材がどれだけ優れているかという自慢だったり、
(あくまでもmapleはそう感じてしまいました)結局学歴重視の
話だったり(一番具体的で成果が分かりやすいからだとは思い
ます)、何かにつけ「自閉傾向のある子供になる」を連発したり、
テレビだったり英語教育について否定的だったり。
ということで、体験のみで通室は考えていません。

他の教室の他の代表講師の方のお話を聞くとmapleの受け取り方は
違ったかもしれませんが、ハッキリ言ってあまり良い印象は
受けませんでした。
受付の方も、最初はすごく相手にしてくれていたのにアンケートの
「通室は考えていない」にマルをしているのを見るとこちらには
見向きもせず・・・あいさつもしてくれませんでした。
あまりものあからさまな態度にビックリでした(笑)

七田に通われている方や良い印象をお持ちの方には申し訳ないの
ですが、mapleは七田の良いと評判な教材やドリルはオークション
等で入手して通室はナシかなって感じです。

教室や講師によって全然違うと思いますが、mapleが行った教室
ではこんな感じでした。

<七田チャイルドアカデミー>
入室金:21,000円
授業料:16,800円
CD代:900円(毎月CD教材あり)
入室時必要経費:授業料2カ月分+入室金=54,600円
           (分納可)
入室時には面談あり

人によって感じ方はそれぞれなので、興味のある方は是非
体験に参加してみて下さい。


関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://1oyakodeeigo.blog73.fc2.com/tb.php/447-d5dead9b