-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-27 18:00 | カテゴリ:日本語絵本
毎月厳選した絵本を配本してくれる絵本クラブ。
5月の絵本が届いたので紹介します。

絵本クラブの1~2歳児向けの配本予定は

おっぱい (たんぽぽえほんシリーズ)おっぱい (たんぽぽえほんシリーズ)
(1990/05)
みやにし たつや

商品詳細を見る


にんじんさんがあかいわけ (あかちゃんのむかしむかし)にんじんさんがあかいわけ (あかちゃんのむかしむかし)
(1989/01)
松谷 みよ子

商品詳細を見る


この2冊の予定でした。

が、授乳回数が1日1回程度に落ち着いてきてそろそろ卒乳も視野に
入れている現状なので、さらに母乳に執着されても困るかもという
親の勝手な都合ということで、代替本サービスを利用して

がちゃがちゃ どんどん (幼児絵本シリーズ)がちゃがちゃ どんどん (幼児絵本シリーズ)
(1990/04/10)
元永 定正

商品詳細を見る


に変更してもらいました。

これからはmapleの感想です。

まず「にんじんさんがあかいわけ」。
1~2歳児向けとはいえストーリー性がある文章が少し長めの本。
今まで読んできた簡潔で短い文章で終わるというものとは違うので
まだrinはすぐページをめくりたがります。
この絵本の特徴は昔話をするみたいに語り口調で書かれている事。
おばあちゃんが昔話を聞かせてるみたいな感じです。
が、すっごくあったかい口調で感情を入れて読みやすい!
内容は、ごぼうさん、にんじんさん、だいこんさんがなぜ今の色に
なったのかという楽しいお話です。
最初に読んだ時mapleはどんな風にお話が展開していくのかすっごく
楽しむことができたし、擬音語も随所に出てくるので楽しいです。
mapleちょっとお気に入りかも。

次は「がちゃがちゃどんどん」。
耳から聞こえるいろいろな音を、絵にしてみたらどんな絵になる
でしょう、というコンセプトの絵本。
がちゃがちゃ、どんどん、かーんかーん、ざあー、などの音が単純な
形と鮮明な色で描かれた楽しい絵本です。
「にんじんさんがあかいわけ」とは対照的に、ストーリー性は全く
なくカラフルで1ページに一つの音とそれをイメージしたイラストが
描かれてます。
rinにはまだこちらの絵本の方があってるみたい。
読む時によって読み方が変わるしmapleと夫joshとでは読み方が全く
違うのも面白い。
1歳児にはおススメです。

そうそう、最近rinは先月配本された「すきすきはみがき」に夢中。

すきすきはみがき (こぐまのくうぴい)すきすきはみがき (こぐまのくうぴい)
(2004/11)
なかや みわ

商品詳細を見る


もともと歯磨きは大好きなのですがちょこちょこ持って来ては眺め
時々読めと言ってきます。
こちらも少し文章が長めになっているのでゆっくり読めません。
歯磨きする前に毎回読んであげようと思います。
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://1oyakodeeigo.blog73.fc2.com/tb.php/536-9a98474e