-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-18 18:14 | カテゴリ:幼児教育
最近rinがハマっているのがチューターシステム。
七田式の通信教育でも入手可能で購入を考えてましたが、
幸い家庭保育園の第2教室にも含まれていたので活用中。

チューターシステムというのはご存知の方もいらっしゃると
思いますが、ドイツ生まれの絵・文字・数字を合わせるゲーム。
ゲーム感覚で、集中力・思考力・判断力を育てる教材です。
その結果が正解かどうかが、キットのパターンでひと目で
わかるように考えられています。

12枚のコマの入った箱とテキストを使います。
設問の答えを選び答えだと思う数字のコマを箱の中にセット。
12問答えて12枚のコマをセットし箱を開けます。
答えが正解だとキレイなパターンになるというもの。

簡単な問題がたくさん♪
cs

コマを使ってきれいなパターンを作る、というのはまだ
理解できないので今はテキストを絵本代わりに。
左と同じ絵を右から選ぶとか、指定された文字で始まる
絵を見つけるとか、大小を比較するとか。
絵本全体を広げると他の部分に注意が向いてしまうので
他の問題の部分は本や紙で隠してその問題に集中できる
ようにしてます。

今は一番簡単なテキストを使っていますが、テキストは
21冊あるのでキッドを使った本格的な取組をする前に
絵本代わりに使ってます。
2か月前テキストを見せた時はあまり興味を示しません
でしたがここ1カ月はrinの興味にピッタリだったらしい。
いつでもrinが使えるように居間に置いていますが最近
とにかくrinのお気に入りで、何かと持ってきてぺらぺら。
問題を出してほしい時は、他の部分が見えないように
使ってるお手頃な紙を持ってくるし(笑)

特に「ちえあそび」が好きなrin。
設問以外に問題を作って質問してみたり、ページ全体を
見せて「ごはんを食べる時に使うものはどれ?」とか
「雨が降っているときに使う物はどれ?」とか考えながら
答えを探させたり、いろいろ使えます。
まだ理解できていない概念(仲間はずれや仲良し)の部分は
質問を変えてみたり説明をしながら答えを言ってみたりと
少しアプローチを変えて取り組んでます。

「もじあそび」は、ひらがなや言葉のインプットを楽に
手軽にできる感じ。短時間で回数を多く取り組む事が
できるので音とひらがなが結構早く結び付いてる気が。
カードだとバラバラになって片づけとか面倒ですが、
これは本なのでちょっと他の部分を隠して一つの文字に
焦点を当てた左右で当てっこをしたりと、気軽にできます。

「かずあそび」はちょっとrin苦手…
こちらは、大小・半分・高低・上下・前後・左右などなど
日常生活に必要な概念が問題になっているので、しばらく
「かずあそび」に力を入れようと思います。

絵本としても使えるし本来の取組もできるので長く活躍し
そうなおススメの教材です!
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://1oyakodeeigo.blog73.fc2.com/tb.php/665-d6be2a54