-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-26 18:14 | カテゴリ:幼児教育
親子で一応バイリンガルを目指してますが(私の取組?聞かないで
下さい…)どうやら最近rinに日本語の敏感期到来中です。

最近毎朝起きるなりチューターシステムの本を持ってこられ
問題を出せとせがまれる夫joshと私。
夫joshは出勤前に少しだけ付き合ってあげてます(笑)優しいわ~
チューターシステムの記事は → こちら

特に夢中なのは「もじあそび」。
毎日毎日朝から晩まで何回も何回も持ってくるので相手にできる
時に相手にしていたら、約1週間で「あ」行から「な」行まで
読めるようになってました。

例えば「あ」であれば、「あり」がメインで

1:左のページの「あり」の絵を右のページから同じ絵を探す
2:左のページの「あ」を右のページの絵と○で囲まれた「あ」を
  ヒントに探す
3:2の逆バージョン
4:左のページの「あ」を右のページの絵をヒントに探す
5:4の逆バージョン
6:左のページの絵をヒントに右のページの「あり」の言葉を探す
7:6の逆バージョン


といった感じで、字と絵をクイズ感覚でリンクさせていく事ができます。

「ありの「あ」を探して」といった感じで「あ」なら「あり」をリンクさせて
取組をしているのですが、時々「あ」を見つけては「あり」とrinが言う事が
あります。
「あ」一文字で「あ」というのではなく「あ」一文字で「あり」と読むと混同
してしまってるのかな?とちょっと心配。
混同を防ぐためにも、シンプルなあいうえお表も活用して文字と音を
リンクさせる必要があるな…と反省です。

チューターシステムを始めてから、家庭保育園の第一教室の
「魔法のキューブ」を自発的に持ってくるようになりました。
↓これで~す。
mc
最近全然「魔法のキューブ」は使ってなかったので、rinが興味を示して
いる間にどんどん取り組まないと♪
といっても積み木としての利用がメインになっちゃってますが。
カホの教材のプレイシートもひらがななど言葉の取組ができるので
こちらも活用しない手はなし!

「ひらがな」の敏感期が来ている今、英語も大切だけどこの時期を
逃さないように色々取り組んであげないとね。

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://1oyakodeeigo.blog73.fc2.com/tb.php/673-5eed8031