-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-12-21 18:31 | カテゴリ:日本語絵本
今年最後の絵本クラブの配本が届きました。

今月の配本は

やさいのおなか

やさいのおなか (幼児絵本シリーズ)やさいのおなか (幼児絵本シリーズ)
(1997/01/31)
きうち かつ

商品詳細を見る




あおくんときいろちゃん

あおくんときいろちゃん (至光社国際版絵本)あおくんときいろちゃん (至光社国際版絵本)
(1984/01)
レオ・レオーニ

商品詳細を見る


の予定でした。
が、あおくんときいろちゃんは持っているので代替本リストの中から

おどります

おどりますおどります
(2005/06)
高畠 純

商品詳細を見る


に変更しました。

ここからはrinの様子と感想です。
「やさいのおなか」はrinに大好評で、何度も読んで~とせがんで来る。
野菜を真ん中ですっぱり切った断面が、影絵のように白黒ででてきます。
「これ なあに?」と聞いてページを開くと、色のついた絵があらわれ、
最後に正解の野菜の絵があらわれます。
たまねぎ、キャベツ、トマト、きゅうり・・・。
たくさんの身近な野菜が登場しするのですが、みたことあるような、
ないような、不思議な形が次々と。
「野菜を半分に切ったら・・・」
野菜の断面図を見るという視点がとても面白いです。
始めのページには野菜の断面図が影絵のように白黒でページ一面に
描かれていて色ではなく、形や中の構成だけで何の野菜かを考える。
これが大人でも意外と難しい~。
そして、種や筋が模様のように見えて、とてもキレイで驚きました。

「おどります」は、いろいろな動物がメケメケ フラフラ~と踊る
という、とても単純明快な絵本。
イラストが可愛いです。
ダンス好きなrinの反応が楽しみでしたがちょっとイマイチかな?
何度も読んでいくと反応変わるかも。
ちなみにこの絵本を発行しているのは絵本館さん。
ユーモア絵本に力を入れているみたいで、絵本に挟まれていた広告を
見るとカラフルで楽しそうな絵本がイッパイでした。
ちょっと気になるのがあるので本屋さんに行ったらチェックかな。
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://1oyakodeeigo.blog73.fc2.com/tb.php/693-0aef9f20