-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-05-10 18:13 | カテゴリ:Classes for Kids
今日は蒸し暑いけれど雨が降りそうで降らない微妙なお天気。
何とか帰宅まで雨が持ってくれました。

「今日はBrad先生とYuri先生の日?rin一人、ママバイバイの日?」と聞いてきては、うるうるしながら私のひざに座って抱っこを要求してくるrin。
「眠くなっちゃったからいかないよ」「今日はお休みの日?」と行きたくない感をさりげなくアピールしてくるし。
「これから英語に行くよ~今日はお友達と何の歌歌うかな?ABCの歌歌うと思う?何の本読んでくれるかな?」とrinの興味を誘いつつ、絶対に行くことをアピール。
rinが取った最終手段はトイレに行った後パンツを履かない攻撃でした(笑)
パンツを履かない&着替えない→行かなくてもOK、という小さい頭で考えたrinなりの行かなくて良くなる作戦も不発に終わりましたが(苦笑)

新宿に着いてから抱っこを要求してきましたが、以前ほど号泣する事もなく、教室が見えると「降ろして~」と要求し自分で歩いて行ってくれました。
入口を入るとまたグズグズし始めるrin。
すでにお友達が泣いていたので、その声に触発されてまた泣き始め「トイレに行く!」とトイレに。

実はこのトイレ、他の人が聞くとトイレトレーニング終了して、レッスンの前にトイレに行く習慣が付いているんだな~と誤解を招きそうですが、少しでも一緒にいようとするrinの作戦なんですよね~
どこでそんな知恵をつけたのやら。

トイレに行ってももちろん出るわけもなく、グズグズ泣きながら教室に入っていき、そそくさと私は外出です。

今日は銀行巡りと、一眼レフカメラを購入するので下見をしていたらあっという間に時間が過ぎてしまいました。

教室に戻るとちょうど母親入室タイム。
先生のお話を聞くと、泣いていたのは本当に最初だけですぐみんな泣きやんでレッスンを楽しんだそうです。
今日は”He is a boy.""She is a girl."メインだったそうです。
ゴールデンウィーク明けで、久しぶりのレッスンだったのでレッスンにならないかな~と先生も親も思っていましたが杞憂だったみたいですね。

最後の”Rock and Roll"では相変わらずこちらが恥ずかしくなるほどノリノリでダンス。途中からは歌いながら踊り、お隣に座ったママさんから「すごく楽しく踊ってますね~」と声をかけてもらえるほどで…
楽しんでくれると行った甲斐があります。

スタッフの方と少しお話をし、rinが朝泣いて色々な手を使ってきた事を話すと、「ここで親が可哀相だと休んでしまうと次からがもっと大変なので、泣いても休めないということを理解させないといけないので頑張って通って下さいね」とアドバイスしてもらいました。
一人になるけれど、大好きな英語でたくさんのお友達と先生方と楽しい時間が過ごせる、というのが薄々分かって来ているので、泣かずにレッスンを楽しみにしてくれたらいいな~と思います。


関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://1oyakodeeigo.blog73.fc2.com/tb.php/788-a52c73f6