-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-05-24 09:29 | カテゴリ:英語子育て
ジャンル:育児 テーマ:英語de子育て
先日とあるサイトで
「子どもの英語教育?全く興味がありません。小学校での英語教育必要なの?
 海外旅行?これまた全く興味がありません。必要か疑問だ。」
という一文を見ました。

最初は戦前の教育を受けた方なのかと思ったのですがどうやら子どもをお持ちの方
みたいで、ある意味衝撃を受けてしまいました。
これからグローバル化がますます進んでいく世の中で、そのように考えている方が
いらっしゃるというのに衝撃を受けるとともに、いろいろな方がいらっしゃるんだなって。

海外に行った事がない・日本でも外人と交流した事がない→英語を使う状況になった
ことがない→興味が無い
日本人なんだから英語は必要ない→海外に行く必要もない→興味が無い
海外に興味がない→英語の必要性を感じないし興味も無い
どういう理由でそのような考え方になるのかいろいろ考えてみたけれど、mapleの
なかで納得のいく理由が分からないし、多分卵が先かにわとりが先かの理論よろしく
本人以外は分からないのだと思う。

mapleの親はどちらかというと教育熱心ではなくむしろ必要最低限で良いという考えだった
みたいだけど、mapleはなぜか学生の頃から英語と海外に興味津々だったし、外国人と
コミュニケーションが取れる英語がしゃべれるのは楽しいし凄いことだと思っていた(る)。

実際に仕事で英語を使ってみて感じるのは、英語がしゃべれる=仕事の幅が広がり
英語(外国語)というたった一つのスキルによって与えられる仕事も違う、なんと言っても
派遣の世界では時給が全然違ってくる。
英語がグローバルスタンダードになっている現在、英語は一つのコミュニケーション
ツールとしても、スキルとしてもこれからの時代は必要不可欠だと思っている。

今までの生活の中で英語を使うことも仕事で使うこともなく、必要に迫られた事が
ないので学校で習ったので十分。
英語にアレルギーがある。
日本ですら名所と言われる所に行った事が無いから海外なんてとんでもない、生活に
余裕がなく日常の生活に追われているので英語や海外旅行にまで気が回らない。
それぞれに理由や原因があるのだろう。
今までのその人の人生で経験したことを元に、考え方が決まってくると思う。

英語がこれからの時代は必須だというのは常識だと思っていたので、あの衝撃の
一文がどうしてmapleはrinに英語を習わせたいのか真剣に考える良いキッカケに。

どうしてmapleはrinにバイリンガル育児をしたいのか

mapleには学歴という武器がないので、銀行や営業事務、秘書業務、通関士、
証券会社で働きながらスキルアップしていくために英語というツールを選んだ。
仕事の後疲れた身体で勉強を細々と続けていて、もっと親が教育特に英語に
興味があって幼い頃から勉強できていたらずっと楽だっただろうって何度思ったか。

rinにはどのような世界や分野でもよいので、自分の納得するよう後悔のないように
自立して生きていって欲しい。
どの様な世界で生きるにしろ、これからの時代英語という一つのスキルというのは
絶対にどこかで必要になってくると思っている。
ある分野を極めるにしても、その過程のどこかで必要になる。
事務職だろうが、営業職だろうが、研究職だろうが、芸術的な仕事だろうが体力を使う
仕事だろうが、スポーツを生業としようが、その道のプロになればなるほど。
どうせなら中途半端ではなく、自分の極めたい道のトップを目指して欲しい。
英語というたった一つのスキルだけで、仕事の選択肢も可能性も広がるだろう。
決してというより絶対マイナス要素にはならない。

これからますます少子化が進んでいく中、人生という競争世界を生き抜いていくために
rin自身が自分の納得のいく行き方をしていく上で、親がしてあげられることはお金を
残すことよりも教育だと思う。
mapleは自分自身が勉強をする姿を見て、rinに勉強をすることの大切さや意味意義を
自分で理解して、勉強が好きになって欲しい。
なので、rinが行きたいというまで、習い事や塾に通わせる予定はない。

どういった教育ができるのか。
mapleが好きで続けられる、身につけて絶対に損は無くむしろ必需品、一緒に勉強が
できる、海外に行っても絶対に役に立つ、幼い時から楽しんで学べる。

出てきた答えが英語だった。

これから子育てをしていくなかで、またrinが成長していくなかで、本当に様々な
考え方の人達に出会っていくだろう。
その中で、自分の考え方と違う人を排除するのではなく受け入れることや学ばなければ
ならない場面が多々出てくる。

子育ては、人育て、自分育て。

mapleはmapleの考えでrinを育てていく。
他人には他人の考え方や方針がある。
他人の意見に流されないで、mapleはrinへの愛情で子育てを頑張ろう。

mapleにとって衝撃の一文でいろいろなことを考えさせられました。

6月に久しぶりに実家に帰るので、両親に英語や海外旅行に興味のない理由聞いてみよ。

長文になってしまいましたが、読んでくださった方ありがとうございます♪



ランキングに参加しています。良かったらプチッお願いします♪

人気ブログランキングへ     

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 




関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://1oyakodeeigo.blog73.fc2.com/tb.php/82-1b350488