-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-06-28 19:15 | カテゴリ:Classes for Kids
今日は久しぶりの良いお天気。
rinとDWEのClasses for Kidsのレッスンの為新宿へ行ってきました。

朝から「今日はBrad先生の日?」と何度も聞いてくるrin。
4月・5月は「そうだよ~」と答えると行きたくないと号泣してました…
今では「ママ、早くバケバケして(化粧すること)行くよ~」なんて私の準備をせかす程(苦笑)
rin自身もまだパンツ(トイレトレ中なので家ではパンツ1枚の事が多いんですよね)だけで着替えてないのに、靴下を履き靴を履いて変な格好で玄関にスタンバイ。
もちろんまた着替えのため家に上がるので二度手間です…

教室に着くと、自分のHello Bookと靴を持ってダッシュ。颯爽とレッスンルームに消えていきました。
レッスンが終わって親が入っていくと、「すごく楽しかった♪」と満面の笑み。
レッスンが本当に楽しかったようです。

レッスン後日本人アシスタントの先生が話しかけてきて下さったので何事かと思えば、今日はものすごく積極的にレッスンに参加していたようで質問にも我先に答えていたようです。
ちなみに先週は先生の指示に従う事が出来ずタイムアウトを取られ怒られ泣いたみたい…そんなことは記憶から消えてるらしい。
あの4月5月の号泣のイヤイヤは一体何だったんだろうっていう位今ではレッスンを楽しみにしてます。
心が折れそうになったことが何度もあったけれど、頑張って通って良かったです。

今日はすごく暑かったので、節電も兼ねて最寄り駅に到着後ファミレスでランチしつつのんびり居座っちゃいました。

帰宅後はテレフォンイングリッシュを。
今日は”The ABC Song"と”The Spelling Song"をリクエスト。
rinの裏声の歌声を聞いて先生が笑っているのが電話越しに聞こえる位、一緒に楽しく歌ってました。

このまま英語大好きに育ってくれるといいな。
2011-05-24 18:06 | カテゴリ:Classes for Kids
今日はClasses for Kidsのレッスンの日でしたが、
rin「今日Brad先生とYuri先生の日?」
私「そうだよ~今日は何の歌歌うかな?」
rin「ABCかな~」
私「Kipperの絵本読んでくれるといいね」
rin「うん…」
また泣き始めるかと思ったけれど、少し元気がなくなるだけで泣かず。
新宿に着いたら泣くのかな?なんて思いつつ新宿へ出発しました。

駅に着いたら抱っこを要求してきたので、いつ泣き始めるかビクビクしながらもレッスンでどんな楽しい事をするか話しながら歩いていきました。
結局教室が見えても泣かないし、少し早めに着いたのにトイレに行こうとも言わないし、結局全く泣く事もなく颯爽と教室へ入っていき「ばいば~い」と笑いながら手を振って見送られました。
レッスンが楽しいこと、少しの時間離れるけれどすぐ戻ってくることが分かったんでしょうね。
ほんの少し成長してくれたのかな~とうれしくもあるし、こうやってすこしずつ離れても大丈夫になっていくんだな~とほんの少し寂しくもあります(苦笑)

レッスンは楽しかったみたいで質問すると答えてくれたり、帰りも一緒のレッスンのお友達と「バイバイ」と手を振ってあいさつができるくらい余裕もできてきたようです。

今日もレッスン後はさっさと帰宅し、テレフォンイングリッシュに電話。
今日はrinが選曲し”Hello"と”The ABC Song"の2曲です。
レッスン中も最初は無言でしたが途中から先生と一緒にノリノリで歌い始め、2曲目の”The ABC Song”はフルコーラスを先生と一緒に歌い切りました。
自分で選曲→ノリノリレッスンは初めてだったので嬉しかったです。
欲を出すなら、先生との会話をしてくれたらなんて思うのですが少しずつ少しずつ目標を設定して達成できるよう働きかけが大切ですね。

そろそろTE CDセットでも導入してみようか検討中です。

TE

そういえば注文したけれど入荷待ちなZAPメイトいつ届くのかしら…

zap



2011-05-10 18:13 | カテゴリ:Classes for Kids
今日は蒸し暑いけれど雨が降りそうで降らない微妙なお天気。
何とか帰宅まで雨が持ってくれました。

「今日はBrad先生とYuri先生の日?rin一人、ママバイバイの日?」と聞いてきては、うるうるしながら私のひざに座って抱っこを要求してくるrin。
「眠くなっちゃったからいかないよ」「今日はお休みの日?」と行きたくない感をさりげなくアピールしてくるし。
「これから英語に行くよ~今日はお友達と何の歌歌うかな?ABCの歌歌うと思う?何の本読んでくれるかな?」とrinの興味を誘いつつ、絶対に行くことをアピール。
rinが取った最終手段はトイレに行った後パンツを履かない攻撃でした(笑)
パンツを履かない&着替えない→行かなくてもOK、という小さい頭で考えたrinなりの行かなくて良くなる作戦も不発に終わりましたが(苦笑)

新宿に着いてから抱っこを要求してきましたが、以前ほど号泣する事もなく、教室が見えると「降ろして~」と要求し自分で歩いて行ってくれました。
入口を入るとまたグズグズし始めるrin。
すでにお友達が泣いていたので、その声に触発されてまた泣き始め「トイレに行く!」とトイレに。

実はこのトイレ、他の人が聞くとトイレトレーニング終了して、レッスンの前にトイレに行く習慣が付いているんだな~と誤解を招きそうですが、少しでも一緒にいようとするrinの作戦なんですよね~
どこでそんな知恵をつけたのやら。

トイレに行ってももちろん出るわけもなく、グズグズ泣きながら教室に入っていき、そそくさと私は外出です。

今日は銀行巡りと、一眼レフカメラを購入するので下見をしていたらあっという間に時間が過ぎてしまいました。

教室に戻るとちょうど母親入室タイム。
先生のお話を聞くと、泣いていたのは本当に最初だけですぐみんな泣きやんでレッスンを楽しんだそうです。
今日は”He is a boy.""She is a girl."メインだったそうです。
ゴールデンウィーク明けで、久しぶりのレッスンだったのでレッスンにならないかな~と先生も親も思っていましたが杞憂だったみたいですね。

最後の”Rock and Roll"では相変わらずこちらが恥ずかしくなるほどノリノリでダンス。途中からは歌いながら踊り、お隣に座ったママさんから「すごく楽しく踊ってますね~」と声をかけてもらえるほどで…
楽しんでくれると行った甲斐があります。

スタッフの方と少しお話をし、rinが朝泣いて色々な手を使ってきた事を話すと、「ここで親が可哀相だと休んでしまうと次からがもっと大変なので、泣いても休めないということを理解させないといけないので頑張って通って下さいね」とアドバイスしてもらいました。
一人になるけれど、大好きな英語でたくさんのお友達と先生方と楽しい時間が過ごせる、というのが薄々分かって来ているので、泣かずにレッスンを楽しみにしてくれたらいいな~と思います。